外部大学から東工大へ進学した生徒のQ&A

体験談

合格実績

「どこの大学のどの研究かに合格しましたか?」

「東工大 環境社会理工学院 融合理工学系 エンジニアリングデザインコースです。」

「どこの大学から大学院受験をしましたか?」

「工学院大学です。」

不合格

「不合格の専攻があれば不合格になった理由をおきかせください。」

「東北大 機械工学研究科 航空宇宙工学専攻です。不合格の理由は志望する研究室の倍率で高いものを狙いすぎたのと、単純に東北大の試験に対する準備不足でしたね…。(汗)」

勉強前の実力

「専門科目の勉強を始める前はどのくらいの実力でしたか?」

「勉強を始める前は過去問の2割から3割ぐらいしかわからなかったと思います。 勉強前の時点では、特に熱力、材力、流力では習った範囲と出題範囲のずれが大きかったので、ほとんど解けなかったと思います。大学では専門科目(4力)線形代数、微積のGPAは平均して3.5ぐらいでした。」

「所属大学での学科順位はどのくらいでしたか?」

「3~5位ぐらいでした。」

TOEIC

「TOEIC試験のスコアはいくつですか?」

「660点です。」
 

「英語はいつ頃から始めていつまでやっていましたか?」

「院試の一年前頃から3か月間ぐらいの間ですね。それ以降も勉強はしていたのですが、コロナでTOEICが中止になってしまったので、結局勉強する前に初めに受けたTOEIC660点のものを提出したので、勉強開始前の結果を提出することとなってしまいました…。(笑)」

「英語はなにを使って対策していましたか?」

「金のフレーズとTOEIC公式問題集です!」
 

参考書

「教科書/参考書は何を使用していましたか?」

JSME材料力学
JSME振動学
JSME流体力学
JSME熱力学
JSME機械工学のための力学
大学院入試問題数学
マセマ線形線形代数
マセマ微分方程式
マセマ微積 です。

過去問

「過去問はいつごろから着手しはじめましたか?」

「受験する日の約半年前(3月頃)でしたね。」

 「過去問やその解答はどうやって入手しましたか?」

「自分で教科書をみて一通り解いて、わからなかったところは図書館に行って専門書を探し読みながら理解していきました。それでもわからなかったところは、大学の先生に質問しに行ったり、塾で質問したりしました。」

苦労したこと

「外部から大学院試をすることについて、苦労したことはなにかありますか?」

「前述した内容ともかぶりますが、周りに同じように外部に一般試験で受験しに行く人が一人もいなかったので、その中で戦い抜くのは気持ち的にも体力的に厳しかったです。その時は非常に苦しかったですが、結果的には諦めずに最後までやり抜いてよかったと思っています。」

「なにか勉強をしてて障害だったことはありますか?」

「同じように目指していた周囲の人たちが途中で内部進学に流れていくのに加えて、結局推薦ではない形で外部に行くのが学科で一人だけだったので、その状況の中で続けるのには忍耐が必要でした。受験する年の1月から7月の間に、高熱が何度も頻繁に出たり、疲労でぶっ倒れて何度も入院したりと、体調面に疲労が出てしまったので、受験でいくら追われていたとしても「よく寝て、朝起きて、適度な運動をして体調を整える」ということも受験勉強の中で大切なことだと感じました。(院試に限らず大学受験もそうですが)」

研究室訪問

「研究室訪問には何件、いつ行きましたか?」

「10件程度行きました。1つ目は学部1年の7月ぐらいに、それ以外は学部3年の冬から、4年の春ごろにかけて行きました。」

戦略

「各専攻についてどんな作戦をたてて攻略しましたか?」

「まずは、筆記試験に向けて第一志望の東工大の過去問5年分を自力で完答できるよう、勉強しました。その際にわからないところは、前述した参考書等を使用していきました。作戦としては、その問題のバックグラウンドも一緒に理解していけるように、問題の解答と、その背景知識をノートにまとめていきました。過去問を解く際に使用した、公式の導出等には特に注目して、教科書内容をまとめていきました。専門科目の口頭試験があったので、何が聞かれるかがわからず、対策が非常に難しかったですが、今までやってきた問題で用いた基本的な定理や、計算方法などを復習して備えました。」

試験スコア

「体感で筆記試験はどのくらい解けましたか?」

「専門内容の正答率は7割ぐらいかなといった感触です。」

面接

「面接対策はなにをしましたか?」

「志望動機をロジカルにかつ明確に話せるように、あらかじめ志望動機をきかれた時用の原稿を用意して、頭の中でポイントを整理して、暗唱できるよう練習しました。そのほかには、聞かれるであろう質問(似た研究内容の研究室はほかにもあるが、どうしてここがいいのか?等々)に対して、どのように返答するかをまとめて、原稿を見ずにスムーズに返答できるよう練習しました。」

「院試にあたって塾や家庭教師などを利用しましたか?」

「しました。」

「どういった点で有利になったと思いますか?」

「前述したように、わからない部分の質問対応をしていただいたことで解決できたことは有利だったと思います。また、受験に向けた全体的なコンサルも役立ちました。どの時期にどのような対策をしていけばいいのか、情報共有していただけたことは非常に役立ちました。」

大切なこと

「院試の勉強でずばり大切なことはなんですか?」

「周りに惑わされず時間の使い方をマネジメントし、目の前の課題を一歩一歩クリアす
ることに徹することです。」

「院試の勉強で注意したほうがいいことはなんですか?」

「同じ専攻でも研究室によって難易度が異なることが多いので、最初から研究室を絞りすぎずに、幅広く興味のある分野の研究室に早めに研究室訪問にいっておくといいかなと思います。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました